タイで中古車をご購入をご検討の方からよくある質問

タイて中古車を購入する際には
日本とは違うルールやおさえて置くべきポイントがある。

今回はご購入のご相談をお受けする際に、
よく頂くご質問についてまとました。

【よくあるご質問】

Q.車を買う際に車体以外の諸経費はどのくらい掛かりますか?

A.車体の他に「名義変更の手数料」が掛かります。
日本と比べて諸経費が大幅に安いです。
名義変更の手数料は
5,000 – 12,000バーツ (17,000円 – 40,000円) ほどです。
(ナンバープレートの状態によって異なります)
日本のように車庫証明などはルールとしてありません。

Q.車の保険のことについて教えて下さい!

A.日本のように「自賠責(絶対)保険」と「任意保険」があります。
自賠責保険料は年間で700バーツ (2,380円) 弱ほどです。
任意保険に関しては、
日本人の方がよくご加入される任意保険は
1stクラスと言われる「車両保険付き」の保険となります。
年間の保険料は車種によって異なりますが、
15,000 – 25,000バーツ(51,000円 – 85,000円)ほどとなります。
※月々 1,300 – 2000バーツほど

Q.日本と比べて維持費はどうでしょうか?


A.車の維持費は日本と比べて安いです。
自動車税、整備メンテナンス代、ガソリン代を解説いたします。

自動車税:
TOYOTA VIOSなどの一般車の場合、
年間で2,000バーツ(6,800円※軽自動車より安い)ほどとなります。
年式が経てば経つほど、日本とは逆で自動車税は徐々に安くなります。

整備メンテナンス代:
オイルを含む自動車の部品やパーツは日本よりも安いことに加え、
人件費が日本よりも安いため、作業工賃も日本の3分の1ほどです。
ただ、全てを新車ディーラー任せにしていると高額修理が発生する場合があります。
ローカルの整備ガレージをうまく使いながらメンテナンスをすると良いです。

ガソリン代:
日本と比べて30%ほど安いです。
時々によって変動はありますが、日本よりも安いです。
(ガソリンの種類が日本と異なります)

加えて、日本よりも売却時の価格がかなり高いので、
車に純粋に消費する金額は日本よりも大幅に安いです。

 

Q.事故などの時は大丈夫ですか?

A.24時間日本語対応可能な保険会社さんがあります。
タイ(特にバンコク)はバイクとの接触の事故が日本と比べて多いです。
事故が起きてしまった際には、我々はタイにおいては外国人です。
言語の問題が発生するので、しっかりと証拠を残しておくため、
ドライブレコーダーの取り付けをお勧め致します。

Q.車を買う際に必要な書類は?

A.ワークパミット(労働許可証)がある場合とない場合によって異なります。

ワークパミットがある場合
・パスポート顔写真ページのコピー
・パスポート最新のVISAページのコピー
・ワークパミットの顔写真ページのコピー
・ワークパミットのご住所記載ページのコピー

ワークパミットがない場合
・パスポート顔写真ページのコピー
・パスポート最新のVISAページのコピー
・在留証明書(日本大使館発行)原本

Q.ローンで車を購入することは可能ですか?


A.はい、可能です。タイのローカル銀行系のローン会社さんの場合は
タイ人の保証人が必須ですが、
日系のローン会社さんは日本人単独ローンの取り扱いもされています。
※諸条件がございます。事前の審査が必要となりますので
 クルマ相談窓口にお問い合わせ下さい。

いかがでしたでしょうか?

2019年7月にタイの情報WEBマガジンのYindeedにて
私たちクルマ相談窓口のサービスを記事にして頂きました。
こちらも是非、ご覧ください。

リンクはこちら→https://yindeed.asia/kurumasodan

・・・・・・・・・・・・・・・・・

【関連ブログ記事】

タイで車を買う時の考え方

・・・・・・・・・・・・・・・・・

お問い合わせは
公式LINE@か直接お電話でも受付可能です。
.
日本人専用ダイヤルはこちら:095-826-0480
.
※名義変更や任意保険のことなど
 カーライフのサポート全般もお任せください
.
▼タイでのカーライフに役に立つ情報やお得なクーポンを配信中!
個別相談もお受けしております。公式LINE@へご登録を▼
.
ID=@knf8564h(で検索)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です