タイ自動車購入

タイ バンコクで自動車を購入する!新車 or 中古車 どちらがおすすめ?

タイ自動車購入

バンコクにお仕事で移住される方はもちろん、
近年ではお子様の教育移住でバンコクやパタヤ、
プーケットに住まれる方が多くなっているように思います。

お仕事への通勤やお子様の学校などの送迎のために
タイで自動車購入をご検討中の方向けに

新車か中古車か、どちらを購入するべきなのか、
またそれぞれにメリットとデメリットが存在し、
ご自身の使用用途や使用期間などに合った選択をして頂くために
こちらの記事がお役に立てれば幸いです。

新車を購入するメリット

最新の技術と安全性

新車は最新の技術を搭載しており、燃費性能が良く、最新の安全装置が装備されています。例えば、自動緊急ブレーキシステムや車線維持支援システムなど、事故を未然に防ぐための機能が豊富にあります。これにより、ドライバーと乗客の安全性がに向上します。

メーカー保証

新車には通常、メーカー保証が付いています。タイでは一般的に3年から5年の保証期間が提供されており、この期間内に発生した故障や問題は無償で修理してもらえます。これにより、購入後の維持費を抑えることができ、安心して車を運転することができます。

新車を購入するデメリット

高額な購入費

新車は中古車に比べて購入価格が高い傾向にあります。初期投資が大きいため、予算に余裕がない場合には負担が大きくなる可能性があります。

新車登録から1年目の値下がり幅が大きい

新車は購入した瞬間から1年後に掛けて価値が大きく下がるため、近い将来売却をされる方の場合は特に注意が必要です。売却時のことを事前に考えてリセールバリューも考慮する必要があります。

中古車を購入するメリット

安価な初期費用

中古車は新車に比べて価格が安いため、予算が限られている場合でも手が届きやすいです。特に数年落ちの中古車であれば、新車同様の性能を持ちながら、価格が大幅に抑えられることがあります。

初期の価格低下を回避できる

新車は購入直後に価値が急激に下がりますが、中古車の場合はこの初期の価値減少を回避できます。これにより、将来的に売却する際のリセールバリューが比較的安定しています。

手続きが簡単で納車までが早い

中古車の購入手続きは、新車に比べてシンプルな場合が多いです。登録手続きや保険の手配が簡単で、短期間で車を手に入れることができます。

中古車を購入するデメリット

メンテナンスリスク

中古車は使用年数や走行距離によって劣化が進んでいる場合が多く、メンテナンスや修理が必要になることが多いです。特に購入後すぐに故障が発生した場合、修理費用がかさむことがあります。

性能保証は基本なし

中古車にはメーカー保証が残っている場合もありますが、ほとんどの場合は保証期間が短いか、既に切れていることが多いです。そのため、購入後のリスクを自己負担でカバーする必要があります。中古車店によっては保証ありを謳っているところもありますが保証範囲が限定的なケースが大半です。

限られた選択肢

中古車市場では、自分の希望に完全に合った車を見つけることが難しい場合があります。特定のモデルやカラー、装備を求める場合、妥協が必要になることが多いです。

どちらを選ぶべきか?

ライフスタイルと予算に応じて

新車と中古車のどちらを選ぶべきかは、個々のライフスタイルや予算によって異なります。安全性や最新技術を重視し、低いリセールバリューを加味しても長期間にわたって安心して使用したい場合は新車が適しています。一方、予算を重視し、コストパフォーマンスを最大限に引き出したい場合は中古車が適しているでしょう。ただ中古車の場合、タイでは特に冠水歴や事故歴のある車両ではないか、メンテナンス不良の車両ではないか、などの車両状態の見極めが大切です。

使用目的に応じて

車の使用目的も選択の重要な要素です。例えば、通勤や長距離移動を頻繁に行う場合は、新車の方が燃費が良いため適しています。一方、比較的近い距離の通学やお買い物などでのご利用の場合や週末の利用が主な場合は、中古車でも十分な性能を発揮することができます。

購入先の信頼性

中古車を購入する場合は、信頼できるディーラーや販売業者を選ぶことが重要です。購入前には必ず車両の状態を確認し、必要に応じて信頼できる方からのアドバイスをもとにご購入されるのが良いです。

結論とまとめ

タイで自動車を購入する際に、新車か中古車かを選ぶことは個々のニーズや条件によります。新車は最新の技術と安全性、メーカー保証が魅力ですが、初期費用が高い、短期売却の場合は大きく価値が減少してしまうなどのデメリットがあります。一方、中古車は低価格で購入でき、初期の価値減少を回避できる一方で、メンテナンス費用や保証の不確実性といったリスクがあります。

最終的には、自分のライフスタイル、予算、車の使用目的を総合的に考慮して、自分に最も適した選択をすることが重要です。
こちらの記事があなたの自動車購入のお役に立てれば幸いです。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

タイの運転免許証のご取得をご検討中の方は
こちらの記事も合わせてお読みください。

タイの運転免許証の取得【日本免許証からの切替】ついてのポイントと流れ(2023/2024年度版)
タイの運転免許更新についてのポイント&流れ(2024年更新版)