タイで中古車を買う!安全に安く買うにはどうすれば良い?最終更新.2019年8月11日

現在、タイは日本車を中心に様々なブランドの車が走っており、
毎日のようにバンコク市内は渋滞が起こるほど
東南アジアでは自動車所有率の高い国です。

新車の販売台数も年間約100万台が新たに登録されており、
同時に多くの中古車が市場に溢れています。

私は2014年1年から
タイで中古車の売買や修理を行ってきました。
タイに渡ってくる前は日本の大手中古車会社にて現場で
営業と店舗責任者を5年間程行っておりました。

こちらの記事では、タイで5年以上、
中古車を見てきた私が想う、
「実際のところタイの中古車はどうなんだ?」ということを
ストレートに書いていきたいと思います。

まず初めに結論からお伝えすると
「車両状態の良いものを安く買えるのであれば
 非常にコスパの良い買い物である」ということです。

そりゃそうでしょう!
と思われた方も多いと思いますが、

タイも日本も車を買う際には
「新車」か「中古車」どちらを買うかという選択をしますが

私自身、プライベートでタイを車を買う際には(お付き合いの場合は除いて)
確実に中古車を買います!

理由はコスパが高いからです。
どうコスパが良いのか!?は後ほど説明させて頂きます。

「そうはいっても中古車って怖そう!」
「事故車とか冠水車とか怖そう!」

大前提、車両状態の良い車両を買うことが出来るかが
ポイントとなりますが、

今回はそういった情報も踏まえ、情報としてお届けしたいと思います。

【タイで車を買う時の考え方】

タイは車の資産価値(売却価格)が
低下しにくいという特徴があります。

一般的に、新車登録されてから7−10年で
価値がほとんどなくなってしまう日本と比べ
タイの場合は、新車から10年乗った車でも
売るときに高値で売ることが出来ます。

タイの車は
買うときも高いけど、売るときも高いということです。

例えば、ある車を

300,000バーツで購入し、1年後

200,000バーツで売れたとしたら、

100,000バーツが買った時と売った時の差額となり

(目安として1バーツ = 3.5円と計算して下さい)

差額が100,000バーツだとすると
1年後
に売るまでに月々8000バーツ強
その車を乗っていたと考えることが出来ます。

単純に購入価格で高いか安いか判断するのではなく

買った金額 – 売った金額 = 購入価格 と考えることにより
また違った考え方になるはずです。

余談となりますが、
私の友人はあるロレックスの時計を45万円で買い
1年間使用し翌年40万円で売っていました。
そうすると1年間5万円でロレックスを使っていたようなものです。
考え方としてはこの5万円が購入価格となるイメージです。

例えばタイでレンタカーを借りた場合は、
コンパクトカーでも1日あたり 1,000 – 1,500バーツはします。

単純に計算してレンタカーを10日ほど借りると10,000THBを超えます。

そうすると買ったほうが自由に使えるし合理的だ!と
気付かれた方がご購入を検討され始めることが多いです。

それに加えて、タイは購入後の
自動車保険、自動車税、車検、整備代金、修理代金などの維持費が安いのが特徴です。

※タイの車事情についてブログ配信に加え、動画配信も行なっておりますので
お時間ある方は是非、ご覧ください。

タイで車を買う際に無駄にお金を失わない考え方

 

【タイの中古車相場の特徴】


そうはいってもタイでも車の価格の低下はあります。

細かく見ていくと「値下がり方」に特徴があります。

タイで車が一番値段が下がる時はいつなのか?をグラフで解説します。

 

タイの中古車の値段が一番下がりやすいタイミング

・新車登録をした瞬間

・新車登録をしてから1年間

この2つのタイミングとなります。

それからもう一つの中古車の値段の特徴は
小売価格が50万バーツ以下の車両の値下がりスピードが遅くなる

ということです。
さらに30万バーツを切るともっと価格が下がるスピードが遅くなります。

ここまでの情報を聞かれた方は
価格低下を抑えることだけを考えた時に、
どのタイミングで
車を買えば良いかがお分りいただけたはずです。

在タイ歴の長い方は
この相場の仕組みを理解されうまく中古車を乗り継ぎながら
移動に掛かるコストを軽減されている方も多くいらっしゃいます。

 

【タイの中古車を探す方法】

タイでは複数の中古車検索サイトが存在します。
掲載台数やそれぞれの特徴はありますが、
有名どころのWEBサイトをいくつかご紹介させて頂きます。


https://www.one2car.com

こちらのOne2carは掲載台数がもっとも多く
ユーザーからの閲覧数をもっとも集めているWebサイトとして有名です。
英語ページも用意されており私たち日本人でも情報を閲覧しやすいサイトです。


https://rod.kaidee.com

国内でCtoCサイトとして有名なKaideeの中古車に特化したWebサイト
実態は中古車業者も個人として掲載しているケースが多々あり、
One2carと同一車両の掲載も多い。
こちらは現在、英語ページはありません


タラードロッドCtoCのサイトとして中古車情報を閲覧することがWebサイトの1つ。
こちらもKaiee同様に実態は中古車業者も個人として掲載しているケースが多々あり、
One2carと同一車両の掲載も多い。

https://taladrod.com/w40/iSch/SchC.aspx?fno:none

欲しい車がいくらくらいで売られているか?
どこの中古車店が在庫として持っているのか?などを
調べることが出来ます。

Webサイト内に出品元の電話番号が掲載されているので
コンタクトをWebサイト経由で取ることが可能です。

ただ、タイの中古車業界は
まだまだ「検査や査定」が日本と比べると未発達です。

日本の場合、
Gooやカーセンサーなど
中古車検索サイトでは、
中古車の情報を見る際に、
「車種」や「年式」、「走行距離」などの
主要な情報に加え、
第3者査定機関などが査定を行なった
鑑定書が付与されていて

中古車を探す段階で、ある程度状態を把握した上で
情報を集めることが出来ますが

タイの場合、中古車検索サイトは「掲示板」のような感じで
実際に購入する際には店舗に行って車のチェックを行なったり
車に詳しい人と一緒に店舗に行ったりと、
安全に購入できる確率を上げる動き行う頃が重要です。

【車の状態を確認をする際ポイントを動画で紹介】

 

最後にまとめ

いかがでしたでしょうか?
タイは車を所有されている方よりも
所有されていない方が車が「高い」と
言われる方が多い印象ですが、
それは最初の「車両本体価格」のみで
判断されている方が多いからだと思います。

状態の良い中古車を適正価格で買うことが出来れば
移動のコストを抑えることが出来たり
行動の自由度を上げることが出来ます。

全てタクシー移動をされている方や、
車の価格が高いイメージがあり考えたことがなかった方も
いらっしゃると思いますが、
こちらの記事を読まれた方が、一人でも
中古車をうまく購入しタイでの生活が楽しくなったり、
便利になる方が増えれば嬉しいです!

タイで中古車をご購入をご検討の方からよくある質問

 


私たちクルマ相談窓口が出来るサービスをまとめた記事はこちら↓

「クルマ相談窓口」の展開するサービス内容とは?【2019年】最新版

直接、お電話でのご相談をご希望の方は
日本人専用ダイヤルよりお電話にてお問い合わせ下さい。

日本人専用ダイヤルはこちら:095-826-0480
(クルマ相談窓口 代表 佐藤 直通)

【お問い合わせフォームはこちら】

お車のご売却やご購入のご相談、
整備やメンテナンスに関するご相談など
こちらのフォームからお問い合わせください。

24時間以内にお返事をさせて頂きます。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイの情報WEBマガジンのYindeed Magazineにて取り上げて頂いた
こちらの記事では、実際に中古車を売買された方々のリアルな声が書かれています。
是非、ご覧ください。

https://yindeed.asia/kurumasodan

【関連ブログ記事】

タイで100万円で買える車! 公式Youtubeアカウントにアップしました。

バンコクから日帰りドライブ出来る観光スポット5選【動画あり】インスタ映え重視

タイで車に関する動画をアップし再生回数が多かった【5選】

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

タイのカーライフに役立つ情報やお得なクーポンも配信予定の
公式LINE@登録はこちら🚖

https://line.me/R/ti/p/%40knf8564h

ID=@knf8564h(での検索もOK)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【クルマ相談窓口】が
タイ在住日本人の方にお届けできるメリット🚕

●日本語対応でクルマ購入をサポートします🚘

「そもそもどこで買えばいいの?」
「買った後のフォローは大丈夫?」などなど

クルマを購入する際に気をつけないといけないことをお伝えした上で、
登録企業様の在庫をご提案させて頂きます。
主に中古車を購入のサポートをさせて頂きます。
(新車ディーラーも紹介可能)

☆ポイント☆

タイの中古車は「事故車」「冠水車」
「整備不良車」「名義変更ができない車」がとても多いです。

実際に車をみてこれら欠陥がないかを見る必要があります。
状態の良い車両を見つけ
名義変更をきちんと行われるところまでサポートさせて頂きます。

まずはイメージされている大枠のご要望をお聞かせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です