バンコクでの “eスポーツ” 普及を応援【大乱闘スマッシュブラザーズ スクンビット杯開催について】

クルマ相談窓口は、
バンコク在住の子供達への活動を応援しています。

これまでクルマ相談窓口はバンコク在住の
サッカー少年への活動として、
タイでプロサッカー選手としてご活躍中の
馬場悠企(Bamba Yuki)選手のBANBA23シートの
広報と運営のサポートを行いましたが、

タイのプロサッカーリーグでご活躍中の馬場悠企選手よりタイ在住の子供達へ

今回は”eスポーツ”普及の活動を企画段階から参画し
広報や運営をサポートさせて頂くこととなりました。

活動の詳細はこちらとなります↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バンコクでの “eスポーツ” 普及を応援

eスポーツとは?

eスポーツ(esports)とは「エレクトロニック・スポーツ」の略称で
ビデオゲームなどを使用した対戦をスポーツ競技と捉える際の名称となり、
現在、世界中で大きな盛り上がりを見せており、
海外では大きな大会となると1万名以上の観客が会場に足を運ぶといった状況となっている。

また2024年のオリンピック・パラリンピックにも採用を検討されており、
近年ではただの「娯楽用のゲーム」から「スポーツの一種目」と立ち位置が上がってきている。

バンコクで開催するeスポーツの活動

「大人も子供もプレーをして楽しめる」
「日本が開発したソフトである」
「プレー人口が多い」などの要素を考え、
お子様連れ世帯の日本人居住者が集中する、
スクンビットエリア(アソーク,プロンポン,トンロー,エカマイ界隈)で

大乱闘スマッシュブラザーズの大会の開催を予定しています。
仮称:第1回 スマブラ スクンビット杯


大乱闘スマッシュブラザーズ(略称スマブラ)とは?

1999年1月に任天堂が開発し発売した対戦型格闘ゲームソフトである。
「スーパーマリオ」「ゼルダの伝説」「星のカービイ」「ポケットモンスター」など
任天堂歴代の人気キャラクターが作品の枠を超えて対戦が可能であったが

最近ではスマブラの世界的人気に伴い、
任天堂以外のキャラクター使用可能となり
企業やブランドの枠を超えた対戦カードの実現も魅力的なゲームソフトである。
日本のみならず、世界大会が行われるなど
海外でも大きな人気を得ているタイトルとなっている。

国内外のスマブラ大会の様子

日本国内大会はもちろん世界大会も大きな盛り上がりとなっている。
プレー人口も多いタイトルとなっており、
日本国内ではエリアごとの予選大会が
全国大会に繋がるといった規模感となっており、
Youtube動画からも多数の大会情報や
試合などの様子を確認することが出来る。

日本国内大会(小学生以下の部)

 

世界大会(年齢制限なし)の様子

ヨーロッパ代表チーム vs 日本代表チーム(最年少は17歳のザクレイ選手)

バンコクでの “eスポーツ” 普及活動に対する想いとは?

日本は言わずと知れたアニメ大国であり、同時にゲーム大国でもあります。
数々の人気キャラクターや人気ゲームを開発し世界中の人々が楽しめるコンテンツを生み出しています。

子供達と親御さん達が一緒になってeスポーツをプレーし
親子間の新しいコミュニケーションとなったり思い出が出来たりすることも、
eスポーツの醍醐味の一つであると思います。

バンコクに住む日本人と現地のタイ人や他の国の在住者がeスポーツで繋がり、
年齢や性別関係なく国際交流が生まれる状況は素晴らしいことだと思っています。
参加者同士の新しい出会いが生まれ交流が広がったりすることを祈っています。

スマブラスクンビット杯大会は日本人だけではなく、
現地のタイ人や他の国の在住者の参加できる大会に広げていき、
また他のタイトルの大会企画にも取り組んで行きます。

仮称:第1回 スマブラ スクンビット杯の概要について

1、日時:2019年12月某日予定(近日公開)13:00開会式 13:30試合開始

2、会場:Global Support Thailand (スクンビット31 RSUタワー 3F)

3、住所:571 RSU Tower, Unit 304, 3/F,Sukhumvit soi 31, Sukhumvit Rd.,Klongton Nua, Wattana, Bangkok

4、交通:最寄り駅 BTSプロンポン駅から徒歩7分

5、参加費: 500THB (コントローラーレンタルの場合は 700THB)

6、定員:15名(15名の参加が確定次第受付終了)

7、大会ルール:現在、調整中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインスポンサー企業

Global Support(Thailand)Co.,Ltd
(グローバルサポートタイランド)

タイ在住者に対して資産運用の相談や
アドバイスを得意とする同社。
駐在員や現地採用の方々から
「お金」に関する相談が毎日のように寄せられ
「資産形成のプロのアドバイス」を受けることが出来る。
日本にもサポートデスクがあり、
アフターサービスの仕組みと経済教育に力を入れられている。
また医療保険も幅広い商品を取扱いしており、
プロサッカー選手、個人事業主からの信頼も厚い。

 

代表者:久米 直也(くめ なおや)
所在地:571 RSU Tower, Unit 304, 3/F,Sukhumvit soi 31, Sukhumvit Rd.,Klongton Nua, Wattana, Bangkok
TEL:02-258-9162(代表)
          088-187-1036(日本人担当者 直通)
久米代表へ直通相談メール:kume@globalsupportlimited.com

クルマ相談窓口
運営会社:Sato Holdings Co.,Ltd.

こちらの記事のアップ元であるのがクルマ相談窓口(運営元 Sato Holdings Co.,Ltd.)
在タイ日本人の方向けに自動車売買や修理など
カーライフと日本語対応でサポートさせて頂いております。

 

運営会社:Sato Holdings Co.,Ltd.
代表者名:佐藤 茂樹(さとう しげき)
所在地 :1017-1027/4 Gun House Building room/no.122 Sukhumvit Rd.,
Soi Sukhumvit 53/1,Kongton-Nua, Wattana Bangkok 10110
電話番号:095-826-0480 (日本人直通)

会社概要:http://www.kurumasodan.net/company/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大会に関するお問い合わせはこちらのメールアドレスまで
よろしくお願い致します。

sato.shigeki.jp@gmail.com  (スポンサー クルマ相談窓口 佐藤へ直通)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です