【タイ在住者の方!注意して下さい!】自動車税と自賠責保険が切れていませんか?

クルマ相談窓口の佐藤です。
ブログをご覧頂きありがとうございます。

【タイで車を運転されているすべての方へ】
ご自身や会社のお車の自動車税と自賠責(絶対)保険の
お支払いとご加入は正常にお済みですか? 

過去に何度も、
自動車税と自賠(絶対)保険のご確認を忘れてしまい
「やばい、もう切れてしまっている!」
となってからご相談頂くケースもありましたので
注意のお知らせを兼ねて記事にします。

タイでの自動車税について

タイの場合、日本とは違い4月1日に車の所有者の方へ
自動的に自動車税の支払い通知がきません。
新車の登録付きによって自動車税の納付期限が変わり、
日本同様に1年に1度の支払いとなっています。
お近くの陸運局にて自動車税の支払いをして下さい。

※タイでは初年度登録から
7年以上経過した車両に関しては、
直訳すると「車検」を受けなければ
自動車税の支払いができない仕組みになっています

過去、Youtube動画でも自動車税の支払いに関する動画をアップしていますので
動画の方がわかりやすい場合はこちらをご覧ください。
初めての方には、こちらのご視聴をおすすめ致します。
(車検対応も内容に入っています)


タイの車検場は基本日曜日が休みとなっています。
週末ですと土曜日に車検を受けることができます。

タイでの自賠責(絶対)保険について

通称「ボロボー」と発音されるのが、
この自賠責保険となります。
こちらは自動車税の支払い時に、
現在ご加入の「保険証券」を確認を行い
有効期限内かどうかの把握を行なってください。

自賠責保険が切れてしまっていると、
任意保険のベースがない扱いとなりますので
人身事故などが起きてしまうと大変ですので、
早期にご加入をお願いします。

自賠責保険に加入状態でないと、
自動車税の支払いができない仕組みとなっています。
ご確認をお願い致します。

支払い忘れてしまう主な原因

その1:
日本の場合、自動車税の支払いの通知は
自動的に各市町村や都道府県から
郵送で通知がありますが、
タイでは所有者(オーナー)管理となっている

その2:
自動車税の支払い期限と保険関係の支払いの月が
ズレているケースがあるためどちらかを忘れてしまう。

その3:
自動車税の支払いの期限がステッカーに表示されているが
仏暦やタイ文字となっており、タイ在住の浅い方は
見落としやすい

まとめ

スクンビット界隈でも自動車税のステッカーが
去年のものが貼られている車をたまに見かけます。
日本人の方のお車ではないことを祈りますが、
警察に止められる事態となりますので、是非、
ご自身のお車の情を把握されることをお勧めいたします。

※写真添付(自動車税の完納ステッカー)

こちらの写真は昨年使用したものですが、
今、2560年のステッカーを
貼られている方はその時点でアウトです。
すぐに陸運局に行き、自賠責保険にご加入くださいね!

(2018.11.11現在) 正常の場合は、
2562年(2019年)のステッカーが貼られている状態です。
※有効期限は2019年○月までありますよ、
という意味ですので。

2561年のステッカーの場合、ほとんどアウトです!
2561年のステッカーの方もお気をつけください。

その他、タイで車を運転されている方へブログを書いています。
他の記事も合わせてお読み頂けますと嬉しいです。

バンコクにある洗車場4店舗を紹介(アソークからエカマイ)

 

バンコクから日帰りドライブ出来る観光スポット5選【動画あり】インスタ映え重視

・・・・・・・・・・

公式LINE@へのご登録を是非、お願いします🚗
タイでのカーライフに役立つ情報や
お得なクーポンも配信予定です!

「車を購入したいが詳細を聞きたい。」
「車を売却したい。」などのご相談をお待ちしております。

ID=@knf8564h(で検索)
.

直接お電話でも受付可能です。
.
日本人専用ダイヤルはこちら:095-826-0480
.
※名義変更や任意保険のことなど
 カーライフのサポート全般もお任せください
.
▼タイでのカーライフに役に立つ情報やお得なクーポンを配信中!
個別相談もお受けしております。公式LINE@へご登録を▼

ID=@knf8564h(で検索)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です